こんばんは!mtgエターナル担当松尾です。今回は8/27(日)に晴れる屋さんで行われたスタンダード神挑戦者決定戦参加レポートをお届けします!。

 

使用デッキは先日のRPTQスタンダードでベスト8に入賞した青白副陽を選びました。当日会場をパッと見渡すと、ティムールエネルギーが多そうな雰囲気。副陽の接近がサイドボード後にどれぐらい対策されているかが気になるところですが果たして・・・

 

 

1回戦 黒単ゾンビ 〇×〇

1戦目は燻蒸や神聖なる協力、排斥などで捌きつつ7ターン目、8ターン目と副陽の接近を2連続キャストして勝利。

2戦目は燻蒸などで応戦するも無情な死者が処理しきれず負け。

3戦目はかなり押されるも、燻蒸、罪人への急襲、罪人への急襲と全体除去を連打しつつ副陽。
その後ライフがギリギリ1でなんとか耐え、2回目の陽が昇り勝利。

 

 

2回戦 4Cランプ ○××

1戦目、相手はダブルマリガンだったので順調に副陽をキャスト、そのまま相手が投了。

2戦目は適度に打ち消しを混ぜつつ副陽を1回キャスト。2回目のキャストはまさかの歪める嘆きで打ち消し!隙だらけになった返しに木端/微塵をX全力で打ち込まれ敗北。

3戦目は失われた遺産で副陽を抜かれて負け。

 

ランプなので失われた遺産や歪める嘆きは予想外でした。エンチャント土地から色が出るのでダブルシンボルのカードも注意しておくべきだったと思います。3戦目は終止符のスフィンクスが入っていたらゲームは続けたのですが、入れてなかったので投了しました。ウエストヴェイル修道院での勝ち筋も無くはないので諦めない心があれば続けても良かったかな?

 

 

3回線 赤白督励 ○×○

1戦目は相手の初動をうまく捌け、副陽2連発で勝利。

2戦目は相手の1、2、3ターン連続グッドムーブで即死。

3戦目は1戦目と同じく初動をうまく捌け、副陽2連発で勝ち。

 

 

4回戦 青黒コントロール ○○

1戦目。双方コントロール系デッキのため、お互いにドローゴーが続く展開。副陽の接近1回目は特に打ち消す意味も薄いので通り、その後もひたすらにドローゴー。打ち消し合戦の末副陽が通り勝利。

2戦目は終止符のスフィンクスを探しに行きつつ、またもお互いドローゴー。途中1回副陽を通しておいた上で引き込んだスフィンクスをキャスト。返しのターンに副陽で勝ち!

 

 

5回線 マルドゥビークル 〇××

1戦目はこちら先手で相手の初動をうまく処理し、副陽2連続でキャストして勝利。

2戦目、3戦目は共に相手1ターン目に出た模範的な造り手の3点クロックが辛く。。スレイベンの検査官がいると神聖なる協力も微妙なので、処理できるカードが実は3マナからなのです。そのまま押し込まれ負け。

 

 

6回線 黒緑 ××

1本目、相性のいいマッチアップなのですが1発目の副陽を通した後の6ターン本当に何も引けなくて負け。

2本目は土地が4枚で止まってしまい、燻蒸を3枚手札に抱えて負けました。

 

これには流石に泣きそうになりました><

 

 

ここでトップ8の目がなくなったのでトータル3-3でドロップ。本日の使用デッキ「青白副陽」は使っていて強く、非常に可能性を感じました。有名プレイヤーが使ってRPTQを抜けたデッキでもありますしね。

 

しかしクリーチャー除去を単体・全体ともに複数搭載しているだけあり赤単やゾンビ、黒緑系などには滅法有利なものの、環境のトップメタであるティムール系にはサイド後の否認の存在がネックとなり、特に逆毛ハイドラの処理が難しくなりそうと感じました。

 

そんな訳で日本選手権では別のデッキを使おうかなと目論見ます。スルタァイエネルギーが有力ですが果たして・・・それではまた次回!

 

松尾