みなさんお久しぶりです。ポケカ担当安藤です。

 

以前書かせていただいたチャンピオンズリーグ2017Finalからかなり間が空き、WCSでは日本人プレイヤーが準優勝に輝いたり、チャンピオンズリーグ2018が開幕したりと様々なことがありました。

 

今回はポケモンカードゲーム拡張パック第4弾「覚醒の勇者」と「超次元の暴獣」の発売に合わせて、私が注目したGXポケモンを使って組んだデッキを紹介したいと思います。

 

ただ組むだけでは面白味に欠けるので、「ハイクラスパックTHE BEST OF XY」を含むSM以降に発売されたパックに収録されたカードのみを使って構築しました!

※公式サイトにサンプルレシピが載ってるので是非比べてみてください!

 

今回使うカードはこちら!

可能性の獣!《ギャラドスGX》です!

 

「超次元の暴獣」に収録されているこのカードは、サンムーン以降初となる1進化HP240というバケモノで、ポテンシャルは兎に角抜群!

 

技もたきのぼりは少し力不足な点は否めませんが、りゅうのわざわいは《こだわりハチマキ》を付けることで巷で暴れるGXポケモンたちをすぐさま気絶させることが出来るという優れもの。

要求エネルギーの数だけが頭を悩ませますがここは何とかしましょう。GX技も地味ながら地味なりの働きをしてくれのではと期待!

 

ということで組んだデッキはこちら!

 

コンセプトは「毎ターン打てるりゅうのわざわい!」として、様々なスタジアムを複数枚採用し、《ルザミーネ》で何度も使いまわせるようにしてあります。

《ルザミーネ》はラグこそありますが、5枚目以降の《バトルサーチャー》としても使えるので非常に頼もしいです。

 

《ひかるミュウ》は「でんせつのみちびき」によって《ダブル無色エネルギー》をサーチして付けることが出来るので、最短で2ターン目には《ギャラドスGX》に5エネつけた状態で場に出せます。このデッキにはピッタリの1枚です。

 

この他《ギャラドスGX》を立てるまでの間を《ガマゲロゲEX》で時間を稼いだり《アローラキュウコンGX》で多角的に攻めるのもいいですが、今回は《ギャラドスGX》を使うというコンセプトなので至ってシンプルに。

 

 

 

 

 

 

 

 

各種トレーナーズも至ってシンプルに汎用的なカードを多めに採用しています。

強いていうならばHP30ポケモンが6枚入っているので《センパイとコウハイ》は比較的使いやすいかと思います。各種エネルギーや《こだわりハチマキ》など手札に加えるのが難しいカードをサーチするのには有用なサポートです。

 

ということで実績も無いながら好き勝手構築してみましたが如何だったでしょうか。

ロマンがあるポケモンを使ってデッキを組むのはとてもワクワク感があっていいですね!

 

今弾はウルトラビーストが初めてカード化するなど新たな盛り上がりを見せています!

当店でも週4日ジムバトルを開催しておりますので、是非皆様のご参加お待ちしております!

 

 

ではまたの機会がありましたら!(*´∀`)ノ